課金だけじゃない?3年間遊んで気付いたスマートフォンゲームの魅力!

課金だけじゃない?3年間遊んで気付いたスマートフォンゲームの魅力!

ゲームといえばゲーム機(特に任天堂)で遊ぶのが一番良い

と思っていた3年前の僕。だけど、その考えも今は変わってきました。ゲーム機に飽きたとか、嫌いになったとかそういう訳ではないんです。ただ

何も知らないうちから真っ向に否定したり、興味がないとぶった切ってしまうのは、開発者の方にとても失礼な事ではないのか?せっかく紹介してくれている友達にも悪くないか?

とある時から思うようになったんです。それは僕自身、好きなゲームをオススメした時、真っ向から否定されて悲しかったですしね。自分が嫌と感じるなら、まず自分がそういう事をする人間にならないようにしないといけないなって。

それから一つ、作ったマイポリシーがあります。

まず知る努力をしよう。触ってみよう。

考え方を変える事でオタクっぽいアニメも楽しめるようになったので、今でも考え方を変えた事は良い事だと感じています。

という訳で

スマホゲーを本気で遊んでみよう。

と思ったのでした。スマホゲーはお金を入れないと(課金しないと)楽しめないものだろうと勝手に決めつけていたけれど、実際はどうなんだろう。それは遊ばなければ分かる事はないと思い、遊んでみる事にしたのです。

今回は気付いた事を中心に3つのポイントに分けて、紹介していきたいと思います。

遊んでみて気づいた事

人目を気にしないで遊べる

ゲーム機を外で遊ぶ場合、当然本体を取り出す必要があります。これは人によっては恥ずかしいらしく、結構気にしてしまう点らしいです。僕は取り出す事自体は全然気にしないのですが、一つ人目を気にしてしまう事がありました。

それはボタンのカチカチ音です。

どうしてもゲームを遊ぶ際、ボタンのカチカチ音が鳴ってしまいます。電車が動いている間はほとんど気にならないのですが、電車が停車して外の雑音が聞こえないタイミングの時、それなりに聞こえちゃうんですよね。

学生時代、PSPでモンスターハンターを遊んでいたら他の乗客に舌打ちをされてしまった事もあります・・・(汗)。今でも外で遊ぶ時はありますが、ボタンをガチャガチャしないように気をつけて遊んでますね。停車の時はゆっくりボタンを押したり・・・(汗)。

公共の場で大声を出したり、騒いだりするのは誰もが嫌がる事。ボタンのカチカチ音も人によっては嫌がるはずです。ここは流石に大人として気を付けなければならない事だと思いました。僕だって食事中のクチャクチャした音は耐えられないので!

その点、スマホゲームはそれがない。タップやスライドで楽しめるのでボタンのカチカチ音とは無縁です。あ、スマートフォンにコントローラをつけてる人は別ですよ?(笑)。

ゲーマーとしては意識せずに外でゲームを楽しめるのは中々魅力的だと感じました。外をみるとすっかりゲーム機を使わず、スマホゲーばかりいじるのもうなづける気がしました。気持ちを落ち着かせて遊ぶ事ができますから。

軽い!速い!スマートな手軽さ

ゲーム機を持ち歩かなくて済むのもメリットですね。化粧道具を持ち歩く女性にとっては荷物を増やしたくないでしょうし、男性の僕としても荷物が減る事はメリットでした。ゲーム機はそれなりに重いので。

ゲームの起動も非常に楽。ポケットからスマホを取り出せば、すぐに楽しめるのも魅力的です。

あとはゲーム自体も誘いやすい。皆スマートフォンは持ってますからね。コンシューマの泥沼ハード論争も起きないですし、平和にゲームを楽しめているのではないでしょうか。・・・ただ、課金の差でどうしてもゲーム内のレベル差が起きますので、意外と平和じゃないかも知れないですけど(汗。

ゲーム機とは別ベクトルの魅力が!スマートフォンゲームの紹介

僕がちゃんと遊んだのは

「パズル&ドラゴンズ」
「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」
「ブレイブフロンティア」
「「星のドラゴンクエスト」
「アイドルマスターシンデレラガールズ」
「バンドリ!ガールズバンドパーティ」
「スーパーマリオラン」
「Miitomo」
「ファイアーエムブレムヒーローズ」

の9アプリ。他にも色々落としたけど、合わなくてすぐ削除しちゃったな。

後半3アプリは任天堂製のもの。この中から今遊んでる「パズル&ドラゴンズ」「星のドラゴンクエスト」、そして任天堂製アプリをまとめて気付いた事を書いていきます。

●パズル&ドラゴンズ

ざっくり紹介するとパズルゲームにモンスターの育成、ダンジョンの攻略などRPGの要素を組み合わせたゲームです。何気に今年で6周年。スマートフォンのゲームの中では、非常に息の長いゲームだと思います。

客観的にみても、このゲームはスマートフォンのゲームとして見ると、非常に良く出来ているゲームだと感じています。逆にコンシューマゲームとしてみるとどうか?と聞かれれば、そうでもないゲームだと思います。スマートフォンゲームの基礎要素が全て出来ている印象です。

まずインターフェース。とにかく起動が早い。3分の隙間時間があればスマートフォンをいじる現代人にとって、この要素は何気に凄く重要。長いPVもなく、速やかに遊ぶ事ができます。

人によってゲームの考え方は変わるかも知れませんが、個人的にスマートフォンのゲームは「起動する事に対し、億劫に感じさせない事」をゲームのクオリティより大事に考えた方が良いなと感じました。ここはコンシューマと大きく異なる考え方ですね。

だって短い隙間時間でゲームを楽しみたいのに、ロードだけで3分かかったらそもそも遊べないという。まとまった時間を使ってコンシューマは遊ぶので少し長いくらいなら許せるのですが、スマートフォンはそうもいかないんです。

ゲーム中にゲームのBGMではなく、スマホに入っている音楽を聴きながら遊べるのも良し。コンシューマであれば飽きさせないサウンド作りを頑張って欲しいものですが、スマートフォンの場合は音楽を取り込んでいる方も多いので、これは嬉しい仕様。

時間帯によってゲリライベントの発生、毎日のログインボーナス。モンスターのレベルあげ、スキルあげ。毎日細く、長く遊ばせ続ける仕組みづくりも出来ており、やり方が上手いなと感じました。

個人的にダラダラ遊ばされるのは嫌いなんですが、露骨にゲリライベントはオトクな事が多いので(経験値がいつもの10倍くらい貰えるイベントだったり)、ついつい遊ばされてしまいました。元々育成するゲームは好きなのでハマりましたね。

スマホと合う操作性でパズルゲームとしても純粋に面白かったです。

ここまで書くとお金を入れる必要がないのではないか?と思われるかも知れませんが、入れる必要を感じさせる作りにはなってます。それはモンスターです。

僕が始めた当初は当たりモンスターで、めっちゃ強かった・・・。

お金で魔法石というアイテムを買い、そのアイテムでガチャを回す事で協力なモンスターを手に入れる事ができるのですが、その差が無料で手に入るモンスターと比べても圧倒的な差です。

無料で手に入るモンスターだと10万くらいのダメージしか出せないのに、課金で手に入るモンスターだと300万ダメージとか出ますから。

個人的にこの露骨な差は嫌いなんですが、この差がない場合だとプレイヤーが金をかけたいと思わないと思うんですよね。満足しちゃう。

コンシューマは楽しませるゲーム作りですが、スマートフォンゲームはお金を払わせたくなるゲーム作りになってますね。

このガチャ課金のシステムは導入も簡単だったのか、他のスマートフォンゲームでもすっかり定着しましたね。課金の基礎を気付いたゲームでもあったと思います。

●星のドラゴンクエスト

ざっくり紹介すると「ドラゴンクエスト」の要素を切り出し、コンパクトにまとめてスマートフォンゲーム化したゲームでした。

ドラクエって

ストーリー、フィールドを歩く冒険感、町での聞き込みや散策、ダンジョンの攻略、モンスターとの戦闘、キャラクターの育成、お楽しみ要素・・・等々あると思うのですが、本作は戦闘特化+おまけにストーリーという感じでした。他の要素はほぼ感じられないです。

コンシューマであれば単純すぎますが、スマートフォンゲームという事を考えれば正しい作りだと思います。コンパクトにまとめられている分、サクッと楽しめますからね。

パズドラと同様、ガチャに課金するシステムなのですが・・・あまりお金をかけてないなと(笑)。

パズドラはモンスターでしたが、本作は装備がガチャ装備となっています。当然ガチャ装備の方が強いです。で、なんでお金をかけていないかと感じたかというとポリゴンが控えめなのと似たような形の武器が多いと感じたからです。

 

他の武器のモデリングを少し変えて新しい武器として出したり、色を変えただけの流用も目立ちます。モンスターも過去に発売されていた「ドラゴンクエストモンスターズ」のモデリングを流用してます。モデリングに関してはとことんコスト削減してますね。

その代わり、マルチプレイに関してはかなり頑張っていると思います。本作最大の目玉と言っても過言ではないです。

快適に動作しますし、マッチングも速い。下手すればゲーム機のゲームよりインターフェースが良いかも。パスワード機能もあり、友人と気軽に楽しむ事ができます。戦闘特化という事で強いボスモンスターを倒す共闘感が面白いです。

マクドナルドがハンバーガーではなくポテトやセットで収益を稼ぐ、吉野家が牛丼ではなくドリンクや他の物で収益を稼ぐ話を聞いた事がありますが、本作もこのような作りなのかなと思いました。

ゲーム内の素材(モンスターのモデリングなど)はコスト削減をし、ユーザーが快適に楽しめる部分に金をかける。マルチプレイが面白いゲームなので、この作りはアリだなと思いました。

●任天堂のスマートフォンゲーム

その点、任天堂のスマートフォンゲームはまだ「作り慣れてない」と感じました。ゲームのクオリティは流石の任天堂であり、良く出来ているんですね。スマートフォンに合わせたゲーム作りになっており、面白い。ただ毎日起動させる仕組み、収益の仕組みがまだ出来てないと思いました。

個人的には任天堂のゲーム作りが好きなので、買い切りで済むスーパーマリオランが流行らないか期待したのですが、酷評の嵐でしたね。

「高い、何故無料じゃないのか」
「この価格ならゲーム機のゲーム買う」

などの声も。あの任天堂のマリオでも買い切りは駄目だったので、ガチャ課金モデルがなんだかんだで受け入れられちゃってるのかなと思いました。

ただ最近は任天堂なりの頑張りが見られます。

マリオはバージョンアップでスマートフォン内にダウンロードしている音楽を聴けるようにする、繰り返し遊びやすいゲームモードの実装したり。ファイアーエムブレムヒーローズも今は定期的にイベントを開いたり、ガチャ課金で収益も安定してきているみたいです。任天堂なりにスマートフォンユーザーを研究して開発しているのが見受けられます。

今後も任天堂を応援していきたいですね!

まとめ

スマートフォンのゲームを遊んで学べた事なのですが、視野を広げる事の大切さを改めて認識しました。今回スマートフォンのゲームを楽しむ事で、ゲーム機とスマートフォン、どちらの魅力も更に知る事ができました。

ゲーム機のゲームを僕が紹介する時、特に良いと感じた部分だけを紹介していたんです。星のカービィならコピー能力、誰でも簡単に楽しめるゲームだよ!とか。けど、今回スマートフォンゲーム「星のドラゴンクエスト」を遊んで思いました。

「ドラクエは育成だけが面白いゲームではない。ストーリー、町の中での散策。町の人達のユニークな台詞回し。宝箱の配置。全部組み合わせて、初めて一つのゲームとして魅力的だったんだな。簡単に語れないな」と。

ゲームをコンパクトに伝えていましたが、いざコンパクトにまとめると僕の知ってるドラクエとはまた違うゲームになっていた事を感じました。ゲームというのは単純にまとめる事が難しい物だったんだなと、改めて気付かされました。

一方でスマートフォンゲームの作りも面白かった。

「遊び要素を上手に抜き取って再構成すればゲームとして楽しめる物になる」と。

スマートフォンゲームの無理矢理お金を払わせたくなる仕組みだけは、好きには慣れないけど、どちらのゲームも作り方は魅力的だと思います。視野を増やす、見る角度を変える事は、もっと今を豊かにさせてくれますね。

今後も「とにかく触れてみる」マイポリシーを大切にしたいなと感じる事ができた体験でした。

ではでは。

The following two tabs change content below.
ホリー
名前:ホリー。職業:エンジニア。 3年間SEとして業務に従事するも、今の生き方に疑問を感じてしまい退職してニートデビュー。ニート中に生き方を模索した結果、エンジニアとして転職を決意、現在は一流のエンジニアから仕事を請負いつつ業務をこなしている。大人になってもゲームが大好きな事に気づき、2018年3月に本ゲームブログを開設した。ゲームは「星のカービィ」が特に好き。

スマホ × コンシューマカテゴリの最新記事